英女性シンガーDuffyが、10年間活動休止の原因はレイプ・監禁被害と告白

「Mercy」「Warwick Avenue」などのヒットで知られる、英・ウェールズの歌手Duffyが、2/26未明にInstagramを更新し、過去のレイプ被害による不調が原因で10年もの間 歌手として活動できなくなっていたことを告白しました。

View this post on Instagram

You can only imagine the amount of times I thought about writing this. The way I would write it, how I would feel thereafter. Well, not entirely sure why now is the right time, and what it is that feels exciting and liberating for me to talk. I cannot explain it. Many of you wonder what happened to me, where did I disappear to and why. A journalist contacted me, he found a way to reach me and I told him everything this past summer. He was kind and it felt so amazing to finally speak. The truth is, and please trust me I am ok and safe now, I was raped and drugged and held captive over some days. Of course I survived. The recovery took time. There’s no light way to say it. But I can tell you in the last decade, the thousands and thousands of days I committed to wanting to feel the sunshine in my heart again, the sun does now shine. You wonder why I did not choose to use my voice to express my pain? I did not want to show the world the sadness in my eyes. I asked myself, how can I sing from the heart if it is broken? And slowly it unbroke. In the following weeks I will be posting a spoken interview. If you have any questions I would like to answer them, in the spoken interview, if I can. I have a sacred love and sincere appreciation for your kindness over the years. You have been friends. I want to thank you for that x Duffy Please respect this is a gentle move for me to make, for myself, and I do not want any intrusion to my family. Please support me to make this a positive experience.

A post shared by @ duffy on

Instagramのスクリーンショット
スクリーンショット(タップで拡大)

(日本語訳)

このことを何度書こうと考えたか、想像してみてください。
どう書こうか、その後どう感じるか…
今が本当に正しいタイミングなのか、話すことと向き合えるのか、わかりませんでした。私には説明できませんでした。

みなさんはきっと、私に何が起きたか、私がどこに・なぜ消えたのかと不思議だったでしょう。
ある記者が私にコンタクトしようと、連絡する方法を見つけてくれ、彼にこの夏すべてを話しました。
彼は親切で、彼に話せたことはとても良かったと思いました。

今は安全だと信じてほしいのだけど、真相は、私はレイプされ、ドラッグを飲まされ、数日間監禁されていました。
もちろんこうして生き残りました。
ただ回復には時間がかかりました。簡単には説明できません。

過去十年間、何千日もの間、自分の心がふたたび陽の光に照らされる日が来るよう回復に努めて、今ようやく太陽が輝いています。

なぜ私が自分の声でその痛みを表現する道を選ばなかったのかと思われるかもしれません。
私は、自分の瞳の中に映る悲しみを誰にも見みせたくなかったのです。
心が壊れてしまったらどうやって歌えばいいのだろう、と自問自答しつづけました。
やがてゆっくりと修復しました。

数週間のうちに、音声インタビューを公開します。
もし質問があれば、音声インタビューのなかでできる限りお答えします。
みなさんが長い間私を思っていてくれたことに、心から感謝します。
友人であるみなさんにありがとうと言わせてください。

ダフィー

 

Spotify プレイリスト

 


ロックフェリー ダフィー(Amazon)